よく分からないNISAの基本を徹底解説

資産形成の手始めに!NISAの基本を徹底解説

まずは用語から知る

NISAとは金融庁が気軽に投資ができるように定めた制度の事をさします。
投資とは、これから伸びそうなビジネスなどに資金を出すことをさし、その後そのビジネスが成長した時に、金額が増えて戻ってきたりすることを言いますが、投資に絶対はなく、また、必ず利益がでるわけではなく、反対に損益がでる事もあります。
NISAを利用し、投資をしてもそのリスクに変わりはありません。
では一体何がどうお得な制度なのでしょうか。

NISAの一番の売りは利益に税金が一切かからないというところではないでしょうか。 
利益のあった部分に通常であれば二割の税金がかかるので利益部分の1/5は税金になります。
つまり10万円の利益があった場合2万円は税金として納めるので手元に入るのは8万円ということになります。
しかし、NISAを利用すると無税ですから10万円まるまる手元に入る事になります。

ではそのNISA、どんな人が利用できるのでしょうか。
実は日本に住んでいる二十歳以上の方であれば誰でも利用できます。
その利用方法も実に簡単で、銀行などの金融機関でNISA用の口座を開設するだけです。
なので、まず先に、どの金融機関が扱っている商品に投資をしたいかを決め、その機関で口座を設けると良いでしょう。
投資に無知な方でも、NISAでは投資をするだけで専門家がその先は運営をしてくれますから安心です。
NISAは一般NISA、ジュニアNISA、つみたてNISAの三つに分類されます。
今回はこれらの違いを比べながらつみたてNISAについてまとめます。


TOPへ戻る