よく分からないNISAの基本を徹底解説

>

NISAとはいったい何なのか徹底解説

投資に関する用語

通常、投資家は自分がサポートしたい、育てたい、関わりたいと思ったビジネスなどに投資をしますが、政治経済など様々な要因に左右され最終的に利益となるかどうかは、ハイリスクハイリターンなところがあります。
一方で、投資信託とは投資の専門家が、投資をしたいけれど知識や時間がないという投資家たちに変わり、お金を運用してあげるというサービスになります。
少額から始める事ができ、国内外問わず、また、その業界を問わずその時に一番合った金融市場へ投資してくれるので、安心です。
投資家たちは最終的に配当金や分配金と呼ばれる利益を得る事ができます。
その逆で利益どころか投資金よりも手元に戻ってくる額が下がっていることもありえます。
これを「元本割れ」と呼びます。

税金に関する用語

課税とは税金がかかる、という意味です。
例えば働く人は所得税を納めますが、これは所得額が課税額(税金がかかる額に達している)であるからです。
これも一つの課税されているものということになります。
「非課税」とはその反対で、税金がかからない、という意味です。
収入があってもそれが非課税額である場合、所得税などの税金を支払う必要がありません。
つまり、パートやアルバイトで所得が低く、課税額未満である場合、納税の必要はなく、これを非課税と呼びます。
投資に関しても同じで、投資をすることで得られる利益は課税対象となり、その利益のおおよそ20%を税金として納めなくてはいけません。
しかし、この利益がいくらであっても非課税が約束されているという事は、いくら儲けても税金を払わなくていい、と決められているという事になります。



TOPへ戻る